ホーム>農園日記>ビーツの栄養効果!食べ方やレシピも紹介~

※【ご注意ください】クレジット決済をご利用のお客様へ※

農園日記

ビーツの栄養効果!食べ方やレシピも紹介~

ここ数年で一気に広まったビーツってなんなの?

どんな野菜?体に良いって聞くけどどんな効果があるの?

そもそも日本で栽培されてるの?

と気になるあなた。 

今回は、あさぎり農園がビーツのことを詳しく。ご紹介いたします。

ビーツの栽培、効果、レシピなどもご紹介していきますので是非ご参考にしてください。

 

そもそもビーツってどんな野菜?栽培方法は?

20161219115132.jpg

 

ビーツは本来地中海沿岸・ヨーロッパの野菜です。(西洋野菜)

ロシア料理のボルシチによくつかわれることで有名ですね。

ビーツは別名テーブルビートとも言われており

寒さにつよい野菜で、ここ最近では日本でも栽培されてる農家さんはちらほらいらっしゃるみたいです。

寒さにつよい地域で育つので北海道などがパット頭に浮かぶ方が多いかと思いますが、

あさぎり農園の地、ここ熊本県あさぎり町は、山に囲まれている盆地です。

盆地というのは1日の寒暖差が激しく、朝方は特に冷え込むため

その土地を利用して栽培が可能になりました。

ですから、九州産ビーツというのは非常に希少で貴重なビーツです。

20161219121130.jpg

 

ビーツの栄養 効果

実はビーツは飲む献血と言われるほど栄養価の高いお野菜です。

見ていただくとわかりやすいと思うのですが日本のかぶとは違い

中まで真っ赤なのが特徴です。

20161219121620.jpg

 

色が赤いから献血といわれてるのではなく、カリウムや鉄分、ビタミンが多い野菜だからです。

特に、カリウムに関しては、ビーツ100gあたりに含まれる含有量は460mgで

この数字はトマトや、レタスの2倍以上にあたります。

カリウムとはミネラルに分類される栄養素でむくみ解消、

高血圧予防などに適した作用もあると言われております。

普段、取れない栄養分もビーツでおいしく補えることもできるので非常に重宝さてるお野菜です。

また、ナイアシンというビタミンも豊富で

ナイアシンは、アルコール成分を分解してくれる働きがあるので飲みすぎた、二日酔いにも摂取してみては

いかがでしょうか。 

 

ビーツをつかったレシピ

今回ご紹介させていただくのは、いつもお世話になっております。

マリオット様よりビーツパスタレシピより、ご紹介させていただきます。

 

 

使用した商品 : お野菜パスタ ビーツのスパゲッティーニ
レシピ内容 :ビーツの粉末を練り込んだパスタであっさり炒めてみました。

材料(2人分)
  ●◎ビーツのスパゲッティーニ  180g
  ●◎茹でムキエビ   100g
  ●スプラウト     1/2パック
  ●オリーブオイル   大さじ1強
  ●マジックソルト   小さじ1
  ●胡椒        少々

作り方
  1)麺は、裏面の作り方通り茹でザルにあける。
  2)スプラウトは根元を切り落とし洗ってペーパで水分を取っておく。
  3)温めたフライパンにオリーブオイルを入れ、◎を入れ馴染ませ
   マジックソルトと胡椒を振り炒めて仕上げる。(軽く和える程度)
  4)3のエビを外し麺だけを皿に盛り、その上にスプラウトを散らし
   外したエビを乗せ出来上がり。
 

 

<応用編>
  *パリパリチーズの器に盛っておつまみとしても活用できます。  

  5)とろけるチーズ10g(記載外)をフライパンで広げて焼き、
   周りがきつね色になってきたら裏返し型が付く器に入れて冷ます。
 201661811048.JPG
  6)5に3をフォークで巻きつけたものを入れ、スプラウトとエビを乗せ完成。
2016618111235.JPG

ポイント
   *麺に若干の塩が入っています。
    ほかの麺で作る場合は、塩の分量を加減して下さい。
   *パリパリチーズは、直径6㎝のマフイン型で作りました。

他にもビーツのレシピをご紹介してるので是非そちらも参考にしてください。

 

レシピはこちらをクリック

 

あさぎり農園では、生ビーツから、粉末ビーツ、乾燥ビーツなど数多く取り揃えております。

美容野菜とも言われてるビーツのお取り寄せ、通販ならあさぎり農園まで。

 

20161219124138.png

お問い合わせお待ちしております。

 

 

熊本県球磨郡あさぎり町免田東2837-23

TEL:0966-45-9488

FAX:0966-45-9488

営業時間:10:00~16:00

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.asagiri-nouen.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56