ホーム>農園日記>あさぎり農園のビーツ情報>あさぎり農園のビーツ赤玉・赤汁の魅力を解説!

※【ご注意ください】クレジット決済をご利用のお客様へ※

あさぎり農園のビーツ情報

あさぎり農園のビーツ赤玉・赤汁の魅力を解説!

2018417153716.jpg

ビーツ赤玉・ビーツ赤汁の特徴

今回はあさぎり農園で多くの方から支持をいただいている
ビーツ赤玉ビーツ赤汁の特徴をご紹介します。


● ビーツ赤玉
2018417164617.jpg

ビーツ赤玉ビーツを錠剤化した粒タイプの製品です。
ちなみにあさぎり農園で販売しておりますビーツ赤玉
日本では初めて製造されたタイプ
です。
赤玉1粒には約200gのビーツ粉末が含まれています。

赤玉の飲み方は非常に簡単。1日約10粒を目安に飲むだけです。
赤玉10粒分で生ビーツ約50g分に相当する量です。(Mサイズのビーツ約1/4カット分)

1日10粒はあくまでも目安ですので、体質や好みに合わせて5粒~20粒の範囲で
お召し上がりいただくことを推奨します。
無添加だから食への安全性を求めている方にもおすすめです。


● ビーツ赤汁
2018417162035.jpg

こちらも日本初として注目を集めているタイプです。
ビーツ赤汁ビーツ粉末を水に溶けやすいように顆粒化したものとなります
(顆粒とは粉末よりも大きい粒に形成したものです)。

ビーツを使った赤汁はいくつかありますが、含有量は決して多くはないというのが現状です。
「ビーツをふんだんに使った赤汁を飲みたい」。
このような消費者の方の悩みを解消できるのが、あさぎり農園の赤汁です。

あさぎり農園で販売しております赤汁はビーツ含有量100%です。
したがって効率的にビーツを摂取したい方にとっては非常に適したタイプの製品です。

赤汁は1スティックに3gのビーツ顆粒が含まれています
(生ビーツ換算で約70g分、Mサイズ約1/3カット分)。
赤汁も赤玉同様、とても飲みやすい仕様になっており、水かお湯を100cc注ぐだけです。
もちろん添加物は一切使用していません。
 

毎日の生活の中で手軽に摂取できるのが赤玉、赤汁の魅力

201841716498.jpg

生のビーツは下茹で(下ごしらえ)に時間がかかり、
普段の生活で食べることができないという方も多いです。
また日本国内ではビーツを販売している店舗が非常に限られているため、
入手が困難なこともあります。

赤玉赤汁はビーツの栄養素を残したまま、かつ簡単に摂取できるのが最大の魅力です。
赤汁は水で割ってそのまま飲むと、野菜特有の香りが感じられます。
しかし、これは赤汁の顆粒がビーツ100%でできている証拠でもあります。

もし青汁などの野菜独特の香りが苦手という方は牛乳などで溶かして飲むのがおすすめ。
牛乳で割って飲むことで甘みがプラスされるため、
とても飲みやすいスッキリとした味わいを楽しむことができます。

その他、毎日のお味噌汁などに入れても飲みやすいかと思われます。
赤玉に関しては錠剤タイプなので、野菜特有の味、香りが苦手という方にはとても適しています。
どちらにしても赤玉、赤汁は「いつでもどこでも飲める」というのが、
最大のメリットなので、普段の生活、仕事が忙しい方などにはぴったりです。

健康、美容、ダイエットなどの分野でもビーツの効能は注目されつつあります。
野菜の摂取量不足に悩む方、野菜嫌いの子どもでも気軽に
ビーツの栄養素を摂り込むことができる赤玉赤汁をぜひ試してみてはいかがでしょうか?



トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.asagiri-nouen.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/90